COLUMN

お役立ち情報

豊田市のリフォームローンの金利は?メリット・デメリットを解説

お役立ち情報

最終更新日 :

豊田市の皆さまこんにちは!

豊田市で外壁塗装ならペイントスタジオにお任せ!

 

どれほど立派に作られた住宅も、年月の経過とともに必ず老朽化していきます。

多くの人にとって、家は一生に一度の買い物ですから、多少住みにくくなった程度で手放すことはないでしょう。

大抵は、リフォームによって住環境の復活を図るはずです。

とはいえ、新居の購入ほどではないにしろ、リフォームにもそれなりの大金が必要になります。

本記事をご覧の方もさぞ、金銭的事情でリフォームに手が出せず悩んでいることでしょう。

そこで本記事では、愛知県豊田市にお住まいの方向けに、銀行などで契約可能な「リフォームローン」の仕組みを解説します。

 

豊田市のリフォームローンの金利は?

リフォームローンの平均的な金利は、およそ3〜4%です。

また、リフォームローンの金利には「変動金利」と「固定金利」の二種類があり、契約時点での金利は変動型の方が低い傾向にあります。

以下で詳しく見ていきましょう。

 

平均3%〜4%ほど

リフォームローンの金利は平均3〜4%程度といわれていますが、実際には様々な要素によって変動します。

例えば銀行のタイプ別でみると、都市銀行が最も低金利であり、逆に最も金利が高いのはネットバンキングです。

また、現代のリフォームローンの主流は、不動産などを抵当に入れる有担保型であり、無担保型よりも低い金利で契約できます。

さらには、金利自体にも変動型・固定型といった分類が存在しており、スタートの金利は変動型の方が低めです。

 

リフォームローンの金利の種類

変動型のリフォームローンは、何年かのスパンで金利が見直されます。

金利が変動すると、毎月の返済額に占める元本の割合が増えたり減ったりするため、事前の返済計画はさほどアテになりません。

しかし、契約時点での利率は固定金利型よりも1〜2%ほど低いため、比較的早期に完済できる場合は変動型の方がおすすめです。

一方で固定型のリフォームローンは、契約時の金利が返済終了まで維持される仕組みです。

また、市場金利が低いときを狙って契約すれば、その後に景気が急変しても、一切影響を受けることなくお得な金利を維持できます。

しかし、それでも契約時の1〜2%の金利差は大きく、大抵は固定型の方がより多額の返済を求められます。

 

豊田市のリフォームローンのメリット

リフォームローンは、住宅ローンに比べて審査のハードルが低くなっています。

また、ごく一部ながら無担保ローンの選択肢があるほか、有担保の場合も抵当権設定費用を免除してもらえるケースがあります。

以下で詳しく見ていきましょう。

 

住宅ローンなどと比較して審査のハードルが低い

リフォームローンの詳しい審査基準は、いかなる金融機関でも決して公表されません。

しかし一般的には、住宅ローンよりかは審査に通りやすいといわれています。

なぜなら、リフォームローンは住宅ローンに比べて借入金額の上限が少なく、かつ契約期間も短いことが多いからです。

これはリフォームローンが住宅ローンに比べ、将来的に返済不能に陥るリスクが少ないことを意味します。

収入の安定した仕事を年単位で続けており、かつ健康状態に大きな問題がなければ、そうそう審査に落ちることはないでしょう。

 

無担保ローンも可能

無担保ローンのほとんどは、リフォーム業者が直接提供しているものです。

有担保ローンのように不動産登記などを行う必要がないため、手続きや審査も比較的短期間で終えられることでしょう。

しかし担保が存在しないぶん、契約者自身の返済能力はより厳しく審査されます。

また金利に関しても、変動型・固定型問わず無担保ローンの方がお高めです。

よって無担保ローンは、よほど契約を急ぎたい時か、不動産等を担保に入れるのがどうしても怖い場合のみ選択肢に入るプランといえるでしょう。

 

抵当権設定費用が不要になるケースがある

抵当権設定費用とは、不動産などを担保として登録する際の手数料です。

手数料の内訳は、その大半が登録免許税であり、一般的に借入金額0.4%分の税金が課せられます。

(例:借入金額1,000万円に対し、登録免許税4万円)

しかし、日本政策金融公庫を債権者とした場合に限り、登録免許税が免除となる特例処置を受けることが可能です。

この場合、抵当権設定費用は書類代の数千円で済みますから、他の金融機関によほど魅力的なプランがない限りは、日本政策金融公庫を利用するのがベストでしょう。

なお、登記をはじめとした各種手続きを司法書士に一任する場合は、5〜10万円程度の依頼費用が別途かかります。

 

豊田市のリフォームローンのデメリット

金融機関からお金を借りると、所定の金利分を上乗せして返さなければならないほか、滞納による差し押さえなどのリスクが返済終了まで付きまといます。

リフォームローンでは、多ければ1,000万円以上を一度に借りるわけですから、金利の負担や滞納時のリスクも相応に大きくなるでしょう。

 

住宅ローンと比較して借入限度額が低い

リフォームローンで借りれるお金は、住宅ローンほど多くはありません。

具体的には、住宅ローンの多くが最大1億円まで融資しているのに対し、リフォームローンの借入限度額はせいぜい1,500万円程度です。

そのため、増改築のような大規模リフォームにおいては、リフォームローンを利用してもなお工事費用を賄えない恐れがあります。

リフォーム費用が一千万円単位と予想される場合は、事前にある程度の頭金を貯めておくといいでしょう。

 

金利がかかる

金融機関からお金を借りた場合、必ず所定の金利分を上乗せして返さなければいけません。

それがリフォームローンともなると、金利が1%上がるだけでも、総返済額は万単位で増加します。

十分な自己資金が手元にあるか、あるいは1〜2年で貯められるのであれば、わざわざローンを組む理由はないでしょう。

ただし、お金を貯めている間にも、住宅の劣化は進んでいきます。

すなわち、貯金にかかる年数によっては、金利を加味してもなお、リフォームローンの方がお得な場合もあるということです。

 

返済が計画通りにいかなくなる可能性もある

リフォームローンでは大抵、数百万円の債務を負うこととなり、その返済期間は長ければ10年以上におよびます。

返済が長期にわたるということは、その間に病気やケガを患い、返済困難な状態に陥るリスクが高いということです。

リフォームローンを利用する際は、事前に健康診断を受けたり、臨時返済用のお金を数か月分確保したりと、可能な限りの備えをしておきましょう。

また、リフォームローンでは必ずしも、毎月決められた金額しか返せないわけではありません。

余裕のある月は多少多めに支払うなどし、可能な限り短期間での完済を目指すよう心がけてください。

 

まとめ:豊田市でのリフォームローンの金利は3%〜4%程度!

以上、愛知県豊田市にお住まいの方向けに、リフォームローンの仕組みについて金利を中心に解説しました。

工事内容によっては1,000万円も軽く超えるリフォーム費用を、自己資金から支払える人はほとんどいません。

返済計画を立てるうえで、「収入が不安定」「重い持病がある」といった特段の懸念がある場合を除けば、積極的にリフォームローンを活用すべきといえるでしょう。

実際に豊田市でリフォームを行う際は、ペイントスタジオまで気軽にご連絡ください。

住環境の状態などをみて詳しくお見積もりをいたします。

 

関連記事

豊田市の一軒家リフォームの費用は?リフォーム費用を抑えるポイントも解説

詳しくはこちら

  • 気になる点をもっと詳しく聞きたいという方は、ぜひお気軽にお申し付けください。
    ご相談・現地調査・お見積もりは無料で行っております。

    現地調査・お見積り無料 お問合せはこちらから
  • また、ショールームにも様々な商品の展示がありますので、是非ともご来店をお待ちしております。
    来店予約をされ来店していただくと500円分のクオカードをプレゼント。
    お見積もりのご依頼をされると、さらに500円分のクオカード進呈します!

    WEB来店予約 お問合せはこちらから

ペイントスタジオのSNSはこちら

  • ペイントスタジオ LINE
  • ペイントスタジオ Instagram

診断やお見積りは無料です!
お気軽にどうぞ!

CONTACT

ペイントスタジオは、愛知県三河地区地域密着で外壁屋根塗装、防水改修、外装リフォームを承っております。