blog

お知らせ・お役立ちブログ

ウレタン防水 塗装防水専門店ペイントスタジオ

外壁塗装の豆知識

皆さん、こんにちは。

豊田市拳母町の外壁塗装・屋根塗装専門店ペイントスタジオの齋藤です。

 

外壁塗装・屋根塗装専門店のペイントスタジオでが、先日「【特別版】防水対策チラシ」を一部の方へ

折込チラシを入れさせて頂きました。

HPにも掲載していますので、ご興味ある方はご覧下さい。また、お気軽にお問合せ下さい。

 

 

さて、その防水対策の一つ、今回は「ウレタン防水」についてお話します。

 

ウレタン防水とは、「ウレタン」と呼ばれる樹脂を液体状にして塗り、防水層を形成する工法です。

 

 

ウレタン…スポンジ・車のタイヤ・接着剤などに使われていて、「柔らかく・弾力があり、摩耗性に優れている」素材です。

安価で耐久性が高く、段差や複雑な形状の場所にも使用できる等のメリットがあるので、多く採用されている

防水工事となっています。

 

ウレタン防水のメリットは、継ぎ目のないシームレスな防水層に仕上げる事ができますので、シートが剥がれる

や隙間から雨漏りといった心配はありません。

また、上記したように、段差や複雑な形状にも使用できる事もメリットです。

 

デメリットとしては、乾燥に時間がかかる事です。

天候にもよりますが4日から7日ほど乾燥にかかりますので、その間、施工箇所に入らない

ようにする事が必要となります。

 

ウレタン防水には「密着工法」「通気緩衡工法」があります。

 

密着工法…ウレタン防水材を下地に直接塗ったあと、メッシュのような補強布を貼り付け、その上からウレタン

防水材を所定の暑さになるまで塗り重ねて、上塗材で仕上げる工法です。

ベランダなどの狭い個所の防水に向いています。が、雨漏り等で水分を含んだ状態のままウレタン防

水で蓋をしてしまうと、太陽熱などで蒸気になった水分が逃げだし、「膨れ」と呼ばれる劣化現象を

起こすことがありますので、そのような場合は、「通気緩衡工法」のがおススメです。

 

通気緩衝工法…裏側に溝があいてる通気緩衝シートを貼り付け、その上からウレタン防水材を塗布します。

雨漏りなど水分を含んだ下地に最も効果的な工法となります。

劣化原因となる下地に含まれた水分をシートの溝を通り道にして、脱気装置で外部に逃がす事が

できます。

 

防水工事のメンテナンスとしては、

防水工事をしてから10年以上経っている場合は、再度防水工事を行ったほうがいいでしょう。

5年ほどの場合は、トップコートの塗替えを行う事をおススメします。

トップコートは紫外線から防水層を守る役割をしていますが、どうしても経年劣化をしトップコートが剥がれて

きてしまいます。5年をめどにトップコートの塗り替えをしていただくと防水層を守る事ができ長持ちします。

 

外壁塗装屋根塗装専門店ペイントスタジオ

▱▰▱▰▱▰▱▰▱▰▱▰▱▰▱▰▱▰▱▰▱▰▱▰▱▰▱▰▱▰▱
愛知県豊田市・みよし市・安城市(西三河)の外壁塗装工事なら伝統と信頼のオケゲングループ

外壁屋根塗装専門店 ペイントスタジオ

住所:愛知県豊田市挙母町5-28

   

電話番号:0120-530-773
営業時間:9:00~19:00

#外壁塗装 #屋根塗装 #付帯塗装 #防水工事 #雨漏れ修繕工事 #外構・エクステリア工事 #プチリフォーム

#適正価格の塗装工事 #工事保証最長10年 #外壁カバー工法 #屋根カバー工法

#オケゲングループ #安心の塗装工事 #相談無料 #診断無料 #塗り替え

#豊田市 #みよし市 #安城市 #岡崎市 #西三河#愛知県

▱▰▱▰▱▰▱▰▱▰▱▰▱▰▱▰▱▰▱▰▱▰▱▰▱▰▱▰▱▰▱

 

 

診断やお見積りは無料です!
お気軽にどうぞ!

CONTACT

ペイントスタジオは、愛知県三河地区地域密着で外壁屋根塗装、防水改修、外装リフォームを承っております。