blog

お知らせ・お役立ちブログ

外壁塗装の契約で注意点は?知っておくべきポイントを解説! 

外壁塗装の豆知識

皆さん、こんにちは。

豊田市拳母町の外壁塗装・屋根塗装専門店ペイントスタジオの石田です。

 

外壁塗装を行うときは契約について悩んでしまうてんもありますよね。

外壁塗装を行うときに契約のポイントをしっかりしておかなければ、自分が不利な状況に立たされることがあるからです。

そこで、今回の記事では外壁塗装の契約の注意点とポイントを解説します。

外壁塗装の契約前に知っておくべきポイント

外壁塗装を行う際には契約前に知っておくべきポイントがあります。

外壁塗装の際は業者選びや塗料選びをするだけでも時間がかかってしまいますが、塗装契約書の作成など、契約も大事な要素となります。

もし、安い業者や自分の希望に合う業者を見つけたとしても、契約をしっかりしておかなければ後悔する結果となることがあるからです。

特に悪徳業者の場合は契約をしっかり記載していないこともあります。

契約前の確認ポイントには何があるのか紹介します。

工事請負契約書を必ず交わすようにしよう

外壁塗装を行うときは請負契約書を交わすことが大事です。

請負契約書には外壁塗装を行う際の自分の希望とトラブルを回避するための効力があります。

請負契約書に記載されている項目を外壁塗装業者は必ず行わなくてはいけないので、項目の中に自分が希望している作業や塗料の記載がされているのかしっかり確認しましょう。

また、請負契約書で必ず見ておきたいのは保証期間です。

保証期間が正しく明記されていない状態であれば、立証が難しくなるからです。

「保証期間は5年」など、保証期間が正確に記載されているのか確認してください。

また、請負契約書の作成を渋るようなら、その業者とは契約しないようにしましょう。

契約書の確認すべき項目

外壁塗装の契約書には確認すべき項目があります。

 

1つ目に確認すべき項目には着工から塗装までの工程です。

外壁塗装の工事期間は一般的に10日〜14日ほどかかります。

そのため、工事期間が極端に短く2〜3日で終わるように記載されているなら、手抜き工事となる可能性があるため、期間について質問するようにしましょう。

また、契約書に「〜一式」と記入されている場合は塗装の工程が省かれている可能性があります。

どのような方法で行うのか業者に確認しておくようにしてください。

 

2つ目の項目は施工に関する保証です。

外壁塗装は塗装後も保証期間というものが必ず存在しており、大体10年という長期間と半年に一度の無料点検があります。

保証期間と保証の範囲について詳しい部分を確認しておきましょう。

 

3つ目は必要書類の確認です。

外壁塗装には工事請負契約書、請負契約約款、そして代金内訳書、請求書、保証書があります。

それぞれ重要な内容が記載されているので、用意してくれているのか確認を取ってください。

外壁塗装の契約で注意点

外壁塗装を行う際には契約の注意点の確認も大事です。

外壁塗装の契約を業者からそのまま提示されて資料にサインを行うと、後になって欠陥が見つかり大損をしてしまうことがあります。

外壁塗装業者の中には悪徳業者もいるため、契約内容を確認せずにそのまま承諾するのは危険なことです。

外壁塗装の契約の際に注意すべきポイントを紹介しましょう。

完工後の欠陥に対する保証内容は必ず確認

契約をする際に完工後の保証内容について確認しておくことが大事です。

上記でも紹介していますが、外壁塗装には完工後もそれぞれ保証が受けられるように記載されています。

施工業者によって保証内容は異なりますが、例えば塗料であれば5〜10年ほどの保証がされており、この期間に塗料に問題があったときは業者が無料で施工し直してくれます。

また、業者は1〜2年に1回の外壁の点検や火災保険の申請のサポートなど、アフターフォローも行ってくれます。

もし、保証が1年などの短期間であれば、それは悪徳業者である可能性が高いです。

そのため、保証期間が5年に満たない業者には質問をして再度保証内容の訂正をしてもらい、応じないなら契約をしないようにしましょう。

工事によって第三者が損害を受けた場合は?

 

工事によって第三者が被害を受けた場合の対応についても、契約内容を確認しておくことが大事です。

外壁塗装の工事は自分の家はもちろん、ご近所などの第三者に対しても被害を受けないように細心の注意を払います。

ただ、注意していても塗料がご近所の敷地内に飛散して車や外壁を汚すなどの被害を与えてしまう可能性もあります。

その場合、業者が損害賠償を支払うように対応してくれるのか、また、ご近所のクレームがあったときに説明してくれるのかなど、対応策について契約で確認しておきましょう。

悪徳業者の場合は契約に対応を記載していない、または詳細内容を書いていないこともあります。

もし、契約に何も書かれていない状態で工事を依頼すると面倒なトラブルに巻き込まれてしまい、工事どころではない可能性も生じます。

対応策について具体的な内容が記載しているのかしっかり質問もして確認を取りましょう。

クーリングオフ制度を知っておこう

外壁塗装の契約では注意点を確認してもポイントを見つけられないこともあるでしょう。

その際に不利な契約をしてしまうと後悔してしまうことになります。

ただ、外壁塗装の契約でもクーリングオフを利用できることを覚えておきましょう。
通常、クーリングオフであれば契約をしてから8日まで契約取り消しを行うことができます。

契約を見直したときに、もし不利な点を8日以内に見つけたなら、クーリングオフ通知の書面を業者に送りましょう。

また、8日以上経ってしまっても条件によってはクーリングオフを行うことも可能です。

それは、業者が契約のときにクーリングオフの約款を渡さなかった場合や、誤報を与えてクーリングオフを適用しないように妨害したときです。

クーリングオフの妨害を業者から行われた際は期間に関係なく適用することが可能なので、制度の内容を理解しておきましょう。

まとめ

外壁塗装の契約のポイントと注意点について内容を紹介してきました。

外壁塗装の契約では請負契約書を交わすこと、また、契約の項目として施工に関する保証や期間、また第三者への対応、クーリングオフについて、詳細な点を確認しておくようにしましょう。

外壁塗装で契約を見落としてしまうと、手抜き工事や、受けられるべき保証が得られないことになります。

自分が不利な立場にならないように、契約を詳細な点まで確認して疑問があれば問い合わせをするようにしてください。

 

外壁塗装について気になる場合は、弊社ペイントスタジオでも無料相談受付ています。

お気軽にお問合せ下さい。

 

◆Ribilo paint(リビロ ペイント)にも掲載中 URLをクリック!

https://www.ribilo.com/paint/23/23211/27671

 

塗装防水専門店ペイントスタジオ

▱▰▱▰▱▰▱▰▱▰▱▰▱▰▱▰▱▰▱▰▱▰▱▰▱▰▱▰▱▰▱
愛知県豊田市・みよし市・安城市(西三河)の外壁塗装工事なら伝統と信頼のオケゲングループ

塗装防水専門店 ペイントスタジオ

住所:愛知県豊田市挙母町5-28

   

電話番号:0120-530-773
営業時間:9:00~19:00

#外壁塗装 #屋根塗装 #付帯塗装 #防水工事 #雨漏れ修繕工事 #外構・エクステリア工事 #プチリフォーム

#適正価格の塗装工事 #工事保証最長10年 #外壁カバー工法 #屋根カバー工法

#オケゲングループ #安心の塗装工事 #相談無料 #診断無料 #塗り替え

#豊田市 #みよし市 #安城市 #岡崎市 #西三河#愛知県

▱▰▱▰▱▰▱▰▱▰▱▰▱▰▱▰▱▰▱▰▱▰▱▰▱▰▱▰▱▰▱

石田 将大

石田 将大

外装リフォーム営業

診断やお見積りは無料です!
お気軽にどうぞ!

CONTACT

ペイントスタジオは、愛知県三河地区地域密着で外壁屋根塗装、防水改修、外装リフォームを承っております。