blog

お知らせ・お役立ちブログ

シンボルツリーの選び方|ペイントスタジオ|豊田市拳母町

スタッフブログ

皆さん、おはようございます!

豊田市拳母町の外装リフォーム専門店

ペイントスタジオの原田です☺

 

今日はお家のお庭に植えられている

シンボルツリーについてお話したいと思います。

 

シンボルツリーとは、お庭や庭園を

象徴するシンボルとなる木の事です。

結婚や新築、子供の誕生など何かの記念に

合わせて記念樹として植えられることが多いです。

 

植えるメリットとしては、樹の種類によって異なりますが

・目隠しとして

・外観のアクセントとして

・四季の移ろいを楽しめる

・花や香りを楽しめる などがあります😌

 

私の家にも椿がありますが

冬はキレイな花が咲いて

とてもほっこりします❀

 

まずは選ぶポイントですがいくつかご紹介しますと

・何を目的に選ぶのか

目隠し、家の目印、季節感を楽しみたい など

 

・家の外観と合っているのか

樹によって形や葉の色などが異なります。

「和っぽい」「洋っぽい」など見た目も大事です🏡

 

・常緑樹か落葉樹か

葉の厚みや色の変化など種類によって

異なる点があります。違いを知ることで

より自分好みのお庭にすることができます🏡

玄関/入り口/平屋/外観/赤いポスト/シンボルツリー...などのインテリア実例 - 2018-06-28 14:38:25引用:Room Clipより

 

◎常緑樹とは

幹や枝に一年を通じて緑の葉がついている植物。

代表的なものはオリーブや椿、金木犀などがあります。

 

メリット

⇒葉が分厚く艶やかなので、通りからの目隠しに。

冬でも葉があり、年間を通して落ち着いた

濃い緑を楽しむことが出来ます。

 

デメリット

⇒葉に厚みがあるので、葉が茂ってくると

薄暗くなってしまいます。こまめな

メンテナンスが必要になってきます。

 

◎落葉樹

ある季節になると、葉を枯らして落とす植物。

代表的なものは桜、アジサイ、モミジ、イチョウなどです。

 

メリット

⇒毎年新葉が出るため葉が薄く、お庭が明るい印象に。

冬に寂しくはなりますが、葉が紅葉していく

季節の移ろいも感じられます。

 

デメリット

⇒秋から冬にかけての落ち葉掃除が大変です。

風の強い日は落ち葉が飛びやすくなってしまうので

毎日の掃除の手間が増えます。

 

※常緑樹も5月ごろに新葉を出して古い葉を

落とすので落ち葉が全くない訳ではないです😌

 

 

常緑樹、落葉樹それぞれのオススメはこちら🌳

常緑樹:シマネトリコ、ハイノキ、オリーブ、ソヨゴ

落葉樹:アオダモ、エゴノキ、シャラノキ、イロハモミジ

 

その他にも沢山の種類の樹木があるので

お家にピッタリのシンボルツリーを

探してみるのもいいかもしれません😊

 

玄関/入り口/芝生/築40年リノベーション/外講/シンボルツリー...などのインテリア実例 - 2017-05-19 12:42:31引用:Room Clipより

 

 

  • 気になる点をもっと詳しく聞きたいという方は、ぜひお気軽にお申し付けください。
    ご相談・現地調査・お見積もりは無料で行っております。

    現地調査・お見積り無料 お問合せはこちらから
  • また、ショールームにも様々な商品の展示がありますので、是非ともご来店をお待ちしております。
    来店予約をされ、来店時にお見積りのご依頼をされると、500円のクオカードをプレゼントします!

    WEB来店予約 お問合せはこちらから

ペイントスタジオのSNSはこちら

  • ペイントスタジオ LINE
  • ペイントスタジオ Facebook
  • ペイントスタジオ Instagram

診断やお見積りは無料です!
お気軽にどうぞ!

CONTACT

ペイントスタジオは、愛知県三河地区地域密着で外壁屋根塗装、防水改修、外装リフォームを承っております。