blog

お知らせ・お役立ちブログ

みよし市での外壁塗装は災害被害修繕目的なら火災保険が使える?

コラム

皆さん、こんにちは。

豊田市拳母町の外装リフォーム専門店

ペイントスタジオです。

 

「みよし市で外壁塗装をしたいけど費用が気になる」「条件に合えば火災保険は使えるの?」などと、気になる人もいるでしょう。

外壁塗装にはかなりの費用が掛かるため、火災保険でいくらか戻ってくるのであれば、ぜひ前向きに検討したいという人もいるのではないでしょうか。

本記事では、災害被害修繕についての詳細や、火災保険が適用される事例かどうかなどを詳しく解説していきます。

みよし市での外壁塗装は災害被害修繕なら保険が使えるかも

みよし市での外壁塗装は、災害被害修繕が目的であれば火災保険を使える可能性があります。

事前に契約している火災保険や適用条件などを詳しく調べて、適用されるかどうかをチェックしておきましょう。

もしも本当に火災保険が適用されるのであれば、一部であっても費用負担が減ることになるため、家計も助かります。

外壁塗装には火災保険が適用できる場合がある

そもそも火災保険は、火事や大風、雪などによる被害を受けた時に適用される保険です。

しかし、その契約条項をよく見てみると、外壁塗装にも適用できる場合があります。

たとえ大きな被害でなくても、火事や自然災害によってできたなら、保険金を請求できる場合があります。

保険を請求できるケースは、家が壊れてしまったなどという大掛かりなものから、塗装で済むレベルの外壁の破損といった細かなところまでしっかりと対応できるのが火災保険のいいところです。

ただし、契約した内容に大雨などが入っていなければ、適用されない場合があるので注意しましょう。

 

火災保険が使える場合は外壁塗装の負担額が軽減される

火災保険が適用される場合は、その分外壁塗装の負担額が軽減されます。

外壁塗装の料金は高く、相場は80万円~100万円です。

それだけの費用を一括で支払うのは難しく、ローンにする人も多いでしょう。

しかし、火災保険が適用されれば料金の一部が負担されるため、自身の負担額を減らすことができます。

ただし、火災保険とはいっても、「住宅火災保険」では、保証の対象外になってしまいます。

「住宅総合保険」もしくは保証範囲の広いタイプの保険を選ぶようにしましょう。

火災保険が使える場合は、外壁塗装業者に見積もりを依頼するまでに、保険会社へ連絡して詳しい手続き方法などを確認しておいてください。

外壁塗装で災害被害として保険が適用されないケース

外壁塗装で火災保険が適用される場合は、災害被害としての申請になります。

しかし、いくつか火災保険が適用されない場合も考えられるため、どのようなケースであれば外壁塗装で災害被害として保険が適用されないのかを、詳しくみていきましょう。

保険会社へ連絡する前に、保険適用ができるかどうかをチェックしておく必要があります。

災害による被害として認定されない場合

災害による被害として認定されない場合は、保険の適用外です。

そもそも外壁塗装において火災保険が適用されるためには、風災・雪災・雹災などが原因の必要があります。

台風や雪による被害、雹による破損などが起きた場合には、火災保険が適用される可能性が高いでしょう。

ただし、経年劣化による補修工事が必要な場合や業者による施工不良などによって外壁塗装が必要となった場合には、火災保険の適用外です。

自然災害による被害だとしても、どこまでが保険の適用範囲内なのかを知っておくことが重要といえるでしょう。

加入している火災保険によって、適用範囲が違ってくるからです。

修繕の費用が20万円未満の場合

外壁塗装の費用が20万円未満の場合も、火災保険を受け取れないことがあるため注意が必要です。

基本的に、火災保険の保険金を受け取るためには外壁の損害額が20万円以上でなくてはなりません。

ただし、契約内容にもよります。

免責金額が契約によって違ってくるため、保証される額が違ってくるからです。

そのため、保険適用ないと思っていたのに、保険適用外だったなどということも考えられます。

まずは、自分が契約している火災保険がどのような保証内容なのかを詳しくみておきましょう。

 

災害発生から3年以上経過している場合

災害発生から3年以上が経過している場合も、火災保険の適用外になります。

想定される自然災害によって補修が必要になった場合、3年以内に申請しましょう。

保険に関しては保険法という法律で時効が定められています。

時効の消滅についても定められていて、自然災害による被害は3年以内に申請しなければいけないことになっています。

保険は、補償内容によっては時効になってしまう場合も考えられるため、早めに動くようにしましょう。

みよし市での外壁塗装で災害扱いで保険適用する際の注意点

みよし市での外壁塗装で、災害扱いで火災保険を適用するとなったときには、いくつかの注意点があります。

注意点に関して把握しておかなくては、いざというときにうまく火災保険を適用できない可能性があります。

どのような点に注意するべきなのかを、知っておくことで火災保険をうまく使うことができるでしょう。

保険金がおりると強引に契約をすすめる業者に注意する

外壁塗装の業者の中には、残念ながらあまりよくない業者もいます。

とくに火災保険での支払い手続きをどんどんやらせて、保険金が下りたとたんに強引に契約を進める業者には注意しましょう。

「保険を使えば安くなる」という業者は、信じないようにしましょう。

そういった業者の場合は保険金だけを受け取って、粗悪な工事で簡単に済ませてしまう場合もあるからです。

火災保険の提案をしてくれて、親身に相談に乗ってくれるだけでなく、信頼と実績のある外壁塗装の業者を選ぶことが大切です。

とくに地域密着型で、地元の人も昔からよく知っているという業者などは、おすすめです。

選択肢の一つとしてではなく、強引に火災保険に申請させようとする業者は、やめておくほうがいいでしょう。

必ず火災保険が適用されるわけではない

災害による被害の補修だからといって、必ずしも火災保険が適用されるわけではないことは覚えておきましょう。

たとえば、災害の種類によっても火災保険が適用されるかどうかが決まってきます。

大水の場合は、もともとの契約で「大水の場合も保証を付けておく」という個所にチェックを付けていなければ、適用されません。

また、経年劣化による補修やわざと破損させた場合、かかる補修金額が免責金額を下回っているなどの理由であれば、火災保険は適用外です。

火災保険を申請する前には、本当に火災保険を適用していい事例なのかどうかを調べておく必要があるでしょう。

 

地震による被害は火災保険の適用外

地震による被害は、火災保険の適用外です。

地震保険は、火災保険についているオプションを選択することで火災保険に特約として付けることができます。

その場合は、地震による外壁塗装の補償はない場合がほとんどです。

もちろん、地震保険だけ別途で加入することもできます。

どちらにしても、地震が起こった場合はどこまでが火災保険の適用なのかを事前に調べると、いざというときにも慌てることなく対処できます。

大切なのは、火災保険の適用範囲をきちんと知っておくことではないでしょうか。

みよし市での災害被害修繕の外壁塗装はペイントスタジオで

みよし市で被災して外壁塗装が剥がれたり傷ついたりしたときには、災害被害修繕の外壁塗装は信頼のできるペイントスタジオに依頼するのがおすすめです。

ペイントスタジオの母体であるオケゲンは、創業以来100年以上という長さにわたって、みよし市の外壁を守ってきました。

年間工事施工実績も300件以上こなしているため、実績も申し分がありません。

また、見積もりや診断は無料で対応しているので安心して依頼できるでしょう。

LINEでの相談もできるので、まずは一度お気軽に相談してみてください。

  • 気になる点をもっと詳しく聞きたいという方は、ぜひお気軽にお申し付けください。
    ご相談・現地調査・お見積もりは無料で行っております。

    現地調査・お見積り無料 お問合せはこちらから
  • また、ショールームにも様々な商品の展示がありますので、是非ともご来店をお待ちしております。
    来店予約をされ、来店時にお見積りのご依頼をされると、500円のクオカードをプレゼントします!

    WEB来店予約 お問合せはこちらから

ペイントスタジオのSNSはこちら

  • ペイントスタジオ LINE
  • ペイントスタジオ Facebook
  • ペイントスタジオ Instagram

診断やお見積りは無料です!
お気軽にどうぞ!

CONTACT

ペイントスタジオは、愛知県三河地区地域密着で外壁屋根塗装、防水改修、外装リフォームを承っております。