blog

お知らせ・お役立ちブログ

ヒートショック現象|ペイントスタジオ|豊田市拳母町

スタッフブログ

皆さん、おはようございます!

豊田市拳母町の外装リフォーム専門店

ペイントスタジオです☺

 

まだまだ寒い日が続いていますが

皆さん風邪などは引いてませんか?🤧

 

こう寒いとお家からでるのが

いやになってきますよね…。

 

 

今日はみなさんも冬になれば毎年

聞くであろうヒートショック現象について

お話したいと思います。

 

引用:Room Clipより

 

まずヒートショックとは🤔

あたたかい部屋から寒いトイレや浴室に

移動すると、体の温度が急激に変化します。

その変化により血圧が上下に大きく変動することに

よって、失神したり心筋梗塞や脳卒中といった

血管の病気などを引き起こす健康被害のことです。

 

特に12月から2月にかけて起こりやすく

またほとんどが浴室内で起こっています😢

 

入浴時の防止策としては

◎温度差を少なくする

脱衣室を先にあたためておいたり

浴槽の蓋を取って湯気で室内を満たすなど

脱衣室、浴室の温度差を少なくすることが大切です。

 

◎一番風呂を避ける

最初は浴室内が寒いうえに湯の温度が

高いので体に負担がかかりやすいです。

特に高齢者の方は二番目以降に

入浴するようにしましょう。

 

◎お湯の温度は41℃以下

38~40℃が適温なので、温めすぎないようにすること。

そして長湯をせず、前後に水分を摂るなど

負担をかけない入浴法をしましょう。

 

◎夕方、日没前の入浴を

日中は外気温も夜に比べ比較的高く、脱衣所や浴室が

それほど冷え込みません。

 

◎食事直後、飲酒時の入浴を控える

食後一時間以内、飲酒時は血圧が下がりやすくなります。

特に酔っている時は、大変危険なので入浴は控えましょう。

 

引用:Room Clipより

 

そしてお風呂のほかに、トイレの時にも注意が必要です。

トイレで力んだ時や、寒い室内でいきなり立ち上がった時など

血圧や心拍に急激な変化がヒートショックを

引き起こすと言われています。

 

対策としては、トイレや便座をあたたかく保温

しておくこと、食生活などに気を配り

便通を良くしておくことも大切です。

 

引用:Room Clipより

 

また本人だけでなく、ご家族、周囲の方も

・いつもより入浴時間が長い

・お湯を流す音がしない

・大きな音がした

などの異常に気付いた際はすぐ声をかけて

あげてください☺

 

一番大事なポイントは

脱衣室や浴室をあたため、温度差を減らす

ということです。

 

これを機に浴室暖房機を設置するのも

一つの手です◎

まだまだ寒いので、みなさん健康に気を付けて

お過ごしくださいね☺

 

 

そして今日は成人の日ですね!

新成人を迎えられる皆さん、おめでとうございます😆

楽しい一日をお過ごしください✨

  • 気になる点をもっと詳しく聞きたいという方は、ぜひお気軽にお申し付けください。
    ご相談・現地調査・お見積もりは無料で行っております。

    現地調査・お見積り無料 お問合せはこちらから
  • また、ショールームにも様々な商品の展示がありますので、是非ともご来店をお待ちしております。
    来店予約をされ来店していただくと500円分のクオカードをプレゼント。
    お見積もりのご依頼をされると、さらに500円分のクオカード進呈します!

    WEB来店予約 お問合せはこちらから

ペイントスタジオのSNSはこちら

  • ペイントスタジオ LINE
  • ペイントスタジオ Facebook
  • ペイントスタジオ Instagram

診断やお見積りは無料です!
お気軽にどうぞ!

CONTACT

ペイントスタジオは、愛知県三河地区地域密着で外壁屋根塗装、防水改修、外装リフォームを承っております。