COLUMN

お役立ち情報

安城市でのリフォームでローンの金利は?自己資金との違いを解説

お役立ち情報

最終更新日 :

安城市の皆さまこんにちは!

安城市で外壁塗装ならペイントスタジオにお任せ!

 

どれほど立派に作られた家も、経年劣化からは逃れられません。

家が劣化してきた際に、いざリフォームが必要になったとき、十分な資金をすぐに用意できる人は少なくないでしょう。

そこで今回は、愛知県安城市の方に向けて、住宅の補修や増改築に利用できるリフォームローンについて、金利の仕組みやローン選びのポイントを解説していきます。

愛知県安城市にお住まいの方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

安城市でのリフォームローンの金利

リフォームローンの金利には、市場に応じて利率が上下する「変動金利」と、完済まで変動しない「固定金利」の二種類があります。

これらを総合すると、リフォームローンの平均的な金利はおよそ3〜4%です。

以下で詳しく見ていきましょう。

 

3%〜4%前後が一般的

リフォームローンの金利は、平均3〜4%ほどとなっています。

1%上下するだけでも万単位で出費が変わるため、少しでも金利の安い金融機関を探すことが重要です。

まず、銀行のタイプに関しては、金利が比較的低い都市銀行を選びましょう。

逆に避けるべきなのが、金利の高いネットバンキングです。

次に二種類の金利タイプ、具体的には「変動金利」と「固定金利」から、好きな方を選びましょう。

それぞれの詳細は後述しますが、契約時点での金利に限っていえば、変動金利の方が安い傾向にあります。

 

変動金利:市場に応じて金利が変動する

変動金利型のリフォームローンでは、数年単位で金利が見直されます。

契約時点での利率は固定金利型よりも1〜2%ほど低いため、比較的早期に完済できる場合は変動金利型の方がいいでしょう。

また、現存するリフォームローンの多くが変動金利型を採用しており、単純に金融機関の選択肢が多いというのも大きなメリットです。

一方、変動金利のデメリットとしては、長期的な返済計画を立てにくい点が挙げられます。

というのも、見直しの結果として金利が変動すると、毎月の返済金額に占める利子の割合が変わります。

つまり、月々の出費自体は変わらないものの、総返済金額は定期的に上下する可能性があるということです。

 

固定金利:返済終了まで金利が一定

固定金利型のリフォームローンは、契約時に設定された金利が返済終了まで維持される仕組みです。

「金利5%で100万円を借りた場合、総返済金額は105万円」といったシンプルな返済計画を立てられるため、返済が長期にわたる場合は固定金利型が適しています。

また、市場金利が低いときを狙って契約すれば、その後に景気が急変しても、一切影響を受けることなくお得な金利を維持できます。

ただし初期金利の低さ、および市場金利が低いときの恩恵の大きさでは、変動金利型に及びません。

また、固定金利型のリフォームローンは数が限られている故、金融機関の選択肢が少ないというのも1つのデメリットです。

 

安城市でリフォームする際のローンと自己資金の違い

リフォームを検討する際、その費用を自己資金で賄うべきか、ローンを組むべきか悩んでいる方は多いことでしょう。

結論からいうと、貯蓄に余裕があるなら自己資金、そうでなければローンを利用するのがおすすめです。

その理由を以下で見ていきましょう。

 

自己資金:金利はかからないがまとまったお金が必要

貯蓄に余裕があり、リフォーム費用を無理なく一括払いできるのであれば、わざわざローンを組む理由はないでしょう。

自己資金なら金利は当然0%ですから、間違いなく最安の支払方法といえます。

ただし現状の蓄えが少なく、リフォーム費用を数年かけて貯める必要がある場合、必ずしも自己資金の方がお得とはいえません。

なぜなら、お金を貯めている間にも住宅の劣化は進んでいくからです。

自己資金をこれから貯めようという方も、まずは現時点でのリフォーム費用を見積もり依頼しておきましょう。

その上で、算出されたリフォーム費用ピッタリではなく、何割か多めの資金を用意するよう心がけてください。

 

ローン:手元に資金を残せるが金利がかかる

リフォームローンを利用する一番のメリットは、手元に十分な資金を残せる点です。

貯金が少ない方はもちろん、子育て世帯をはじめとした出費の多いご家庭においても、ローンがあれば気軽にリフォームに踏み切れることでしょう。

ただしローンの残債務は、毎月の返済額から所定の金利を差し引いた分しか減らないため、返済が長期化するほどトータルの負担は重くなっていきます。

また、あまり返済期間を長く見積もりすぎると、病気やケガなど返済困難な事態に直面するリスクも高くなります。

リフォームローンを利用する際は、無理のない返済計画を前提としつつも、可能な限り短期間での完済を目指すよう心がけてください。

なお、必ずしも毎月一定額ずつしか返せないわけではなく、残債務分のお金が手元にあれば、いつでも一括返済が可能です。

 

安城市でのリフォームローンにおける金利以外のポイント

リフォームローンを利用する際は、金利以外にも様々な契約条件をチェックしておく必要があります。

具体的には借入期間・借入金額上限・担保条件・対象工事の4項目です。

 

借入可能な期間

リフォームローンの借入期間は、一般的に最短1年、最長10〜15年ほどであり、この期間内に残債務をゼロにする必要があります。

これが短すぎるという場合は、後述する有担保型ローンを利用すれば、借入期間を30年前後に延ばすことも可能です。

短期契約で総返済額を抑えることと、長期契約で月々の負担を減らすこと、どちらが理に適っているかはご自身の収入状況から判断してください。

 

借入可能上限

リフォームローンの借入金額の上限は、一般的に1,000万円前後といわれています。

しかし、月々の返済額が年収に応じて変わる関係上、実際の上限額は人によって大きく異なります。

また、いかなるローンにも最低年収が設けられており、これを下回る場合はそもそも借入できないので注意しましょう。

なお、リフォームローンは総量規制(※)の対象外であるため、すでに他社から借入している人でも契約可能です。

 

※貸金業者からの借入は、年収の3分の1までとする規定

 

担保が必要かどうか

リフォームローンは、不動産や証券などを担保として登録する有担保ローンと、それが不要な無担保ローンの2種類に分かれます。

有担保ローンは借入期間や借入金額上限にゆとりがある一方、審査や手続きに要する時間が長く、また契約の過程で様々な経費も発生するタイプです。

無担保ローンは借入までのスピード感を強みとする反面、有担保型よりも金利が高く、かつ審査基準も厳しい傾向にあります。

 

対象になるリフォーム工事

リフォームローンは増改築のほか、外壁塗装や内装リフォームなど様々な工事に利用できます。

また、防災対策や省エネ化なども対象となるケースがほとんどであり、市区町村の補助金を併用すれば更にお得なリフォームが可能です。

ただし事業用、および賃貸・投資用の物件に関しては、いかなる用途であってもリフォームローンを利用できません。

 

まとめ:リフォームローンを選ぶ際は金利以外にも注目しよう

以上、リフォームローンにおける金利の仕組み、および契約前にチェックすべきポイントを解説しました。

なお、安城市には耐震改修や省エネ改修など、様々なリフォームに対する減税・補助金制度が存在します。

それぞれの適用条件をチェックしたうえで、利用できそうな制度は余すことなく活用していきましょう。

また、実際に安城市でリフォームを行う際は、ぜひペイントスタジオまで気軽にご連絡ください。

リフォームについてはもちろんのこと、リフォームローンに関しても詳しくご提案させていただきます。

 

関連記事

安城市で外壁塗装するなら分割払いの利用がおすすめ!注意点も解説

詳しくはこちら

  • 気になる点をもっと詳しく聞きたいという方は、ぜひお気軽にお申し付けください。
    ご相談・現地調査・お見積もりは無料で行っております。

    現地調査・お見積り無料 お問合せはこちらから
  • また、ショールームにも様々な商品の展示がありますので、是非ともご来店をお待ちしております。
    来店予約をされ来店していただくと500円分のクオカードをプレゼント。
    お見積もりのご依頼をされると、さらに500円分のクオカード進呈します!

    WEB来店予約 お問合せはこちらから

ペイントスタジオのSNSはこちら

  • ペイントスタジオ LINE
  • ペイントスタジオ Instagram

診断やお見積りは無料です!
お気軽にどうぞ!

CONTACT

ペイントスタジオは、愛知県三河地区地域密着で外壁屋根塗装、防水改修、外装リフォームを承っております。