blog

お知らせ・お役立ちブログ

外壁にコケが…!! 豊田市 外壁塗装・屋根塗装専門ペイントスタジオ

外壁塗装の豆知識

皆さん、こんにちは!
豊田市挙母町の外壁塗装・屋根塗装専門店ペイントスタジオの齋藤です

「新緑が芽生える季節」と言えば聞こえはいいですが(笑)、家の周りにも雑草が茂る季節となりました。
庭掃除をしようと家の裏に回り、
ふと壁を見ると…
「コケが!!」
と気づかれる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

その「コケ」そのままにしていては危険です。

苔ができる原因は

①湿気が溜まった事により発生
 外壁は湿気がたまるとコケが繁殖しやすくなります。湿気は、風通しが悪い場所にたまりやすいです。
②周囲が自然に囲まれている
コケは胞子から繁殖するため、周囲が自然ばかりの環境だと繁殖しやすいです。
③外壁の劣化
外壁の塗装が劣化するとコケが生えやすくなります。

コケを放置すると健康被害をもたらしたり、外壁材を脆くして余計なメンテナンス費用が発生する元となります。

「じゃぁ、お金かけたくないし、自分でやろう」

となる方もいらっしゃいますが、

「お待ちください!!」

そのコケ、状態によっては、自分でお手入れするのは危険かも

実は、誤ったお手入れをすると、キレイにするどころか外壁材自体を傷つけてしまったり、余計にコケがつきやすくなったりし、劣化を進める原因となるからです。

◎コケの状態を確認しましょう。

  外壁にうっすらと付着している、拭き掃除ですぐ落ちるようなものは「表面のコケ」

危険度は低いですがコケの胞子がもたらす健康への被害には要注意です。

 

コケは胞子をまくことで増えます。

お家のすぐそばにコケがあるということは、お家の中にコケの胞子が入りやすい状態です。

コケは菌類ですので、絶好の環境が揃うとどんどん根を張って繁殖していきます。

そうしてコケが外壁にずっと付着していると、中性化現象が起こり、外壁がもろく崩れやすくなります。

手で触っただけでボロボロと剥がれてくる状態になってしまいますので、後々に外壁補修が必要な状態になってしまうのです。

 

【中性化現象】
酸性とアルカリ性という、相反する性質同士のものが反応し合って起きる現象。アルカリ性の外壁酸性のカビ・コケが付着すると、中性化し性質を変えてしまう。

※中性化現象を起こしてしまった外壁

外壁が脆く崩れている状態。建材の素地が見えているため、雨水が家の中に入りやすくなっています。

コケを放置し続けると、大繁殖してしまいます。

じめじめした北面や、あまり見ない室外機の裏など、起こっているお家は意外とあります。

コケの根は水分を持っています。それが外壁に根付くということは、外壁の内部が常に水を溜め込んでいることになります。

セルフでできるのか

外壁の状態を確認しましょう。
目安は

水を弾くか弾かないか

外壁の健康状態は、『コケのついている箇所の外壁に水をかけてみる』

外壁が水を弾く状態=自分でお手入れをしても良い健康な外壁の状態です。

これは、お家の塗装の塗膜が効いているため水を弾いています。

水を弾かない(吸い込んでいる)外壁

このように水をかけた箇所の色が濃くなるのは、水が染み込んでいる証拠です。

外壁が湿気ているので、コケを掃除してもまたすぐ付着してしまいます。

このような状態なら、専門業者さんに相談してみましょう。

▱▰▱▰▱▰▱▰▱▰▱▰▱▰▱▰▱▰▱▰▱▰▱▰▱▰▱▰▱▰▱
愛知県豊田市・みよし市・安城市(西三河)の外壁塗装工事なら伝統と信頼のオケゲングループ

外壁屋根塗装専門店 ペイントスタジオ

住所:愛知県豊田市挙母町5-28

  

電話番号:0120-530-773
営業時間:9:00~19:00

#外壁塗装 #屋根塗装 #付帯塗装 #防水工事 #雨漏れ修繕工事 #外構・エクステリア工事 #プチリフォーム

#適正価格の塗装工事 #工事保証最長10年 #外壁カバー工法 #屋根カバー工法

#オケゲングループ #安心の塗装工事 #相談無料 #診断無料 #塗り替え

#豊田市 #みよし市 #安城市 #岡崎市 #西三河#愛知県

▱▰▱▰▱▰▱▰▱▰▱▰▱▰▱▰▱▰▱▰▱▰▱▰▱▰▱▰▱▰▱

 

 

診断やお見積りは無料です!
お気軽にどうぞ!

CONTACT

ペイントスタジオは、愛知県三河地区地域密着で外壁屋根塗装、防水改修、外装リフォームを承っております。