blog

お知らせ・お役立ちブログ

外壁塗装の剥がれ補修はDIYで可能?原因や方法などを紹介!

コラム

みなさん、おはようございます。

豊田市拳母町の外装リフォーム専門店

ペイントスタジオです!

 

 

外壁塗装の剥がれ補修をDIYで対応したい方もいらっしゃるのではないでしょうか。

DIYであれば価格を抑えられ、手軽に施工できるメリットがあります。

そのため、対応可否を知り、重要なポイントを押さえておきましょう。

そこで本記事では、外壁塗装が剥がれる原因やDIYでの対応について具体的に解説していきます。

 

そもそも外壁塗装が剥がれる原因とは?

外壁塗装が剥がれる主な原因は経年劣化です。

外壁は雨水や太陽光によるダメージで知らぬ間に傷んできます。

また、塗装の寿命は一般的に約10年であり、10年を目安に剥がれた場合は対応が必要な時期です。

まずは最後の塗装から何年経過しているか確認してみましょう。

 

外壁塗装の剥がれを放置してはいけない理由

本来家全体を守る外壁塗装ですが、剥がれを放置すると様々な危険が待ち受けています。

とくに重大な被害では雨漏りの発生です。

表面が剥がれてしまうと水の浸入を許してしまいます。

被害の初期段階こそ大きな変化は見られませんが、裏では徐々に浸食が始まっているのです。

カビやサビの発生・柱の腐敗・壁面の膨らみなど、日常生活で頭を悩ます問題が発生。

水分は最終的に家の土台や基礎部分まで打撃を与え、最悪の場合は倒壊を招く恐れがあります。

そのため、たとえ小さな剥がれであっても見過ごすのは大変危険であり、悪い出来事が起こる前触れと言っても過言ではありません。

 

塗装して3年以内の剥がれは施工不良の可能性アリ

塗装して3年以内の剥がれは施工不良の可能性があります。

前述の通り、一般的に外壁塗装の寿命は10年であるため、3年以内で剥がれるのは早いです。

例えば下地処理が甘かったり、乾燥工程にある程度の時間を取っていなかったり。

本来丁寧に行うべき過程を疎かにすると、外壁に要求される性能は著しく低下します。

今回は剥がれが対象であるものの、ひび割れや膨らみが早期に発生するケースもあります。

塗装して3年以内で起きる外壁の劣化は、施工不良の可能性が高いと念頭に置いておきましょう。

 

外壁塗装の剥がれ補修はDIYで可能?

外壁塗装の剥がれ補修はDIYで可能なのでしょうか。

補修可否と対応可能範囲について次から解説していきます。

 

外壁塗装の剥がれはDIYで補修可能

外壁塗装の剥がれはDIYで補修可能です。

価格を抑えられ手軽に施工できるため、現在も人気が高まっています。

自分好みでアレンジできるのも魅力の一つでしょう。

オリジナル性を追求すれば、施工も楽しくなるはずです。

 

すべての補修がDIYでできるわけではない

外壁塗装の剥がれはDIYで補修可能ですが、すべて対応できるわけではありません。

高所作業が伴う場合や構造が複雑なケースはDIYで施工できないのです。

実績と経験を兼ね備えたプロの手を借りましょう。

状況によって、まずは簡単な箇所からDIYで対応すると良いです。

 

DIYでの剥がれ補修方法

DIYで剥がれを補修する場合、大きく3段階に分かれます。

準備→古い塗装の剥離→塗装です。

詳しい内容は後述しますが、おおまかな流れは業者の補修方法と同じになります。

手順を正しく把握し、トラブルなく施工していきましょう。

 

外壁の剥がれ補修で必要なもの

外壁の剥がれ補修をDIYで行う場合、道具は自ら準備する必要があります。

具体的に必要な道具は以下のとおりです。

 

  • 塗料(下塗りと中上塗り用)
  • ローラー類(柄、毛、バケツ、ネット)
  • 養生シート
  • コーキング材+コーキングガン
  • テープ類(マスキングテープ、ガムテープ、マスカー)
  • 脚立
  • 衣類(作業服、軍手、汚れてもいい靴)
  • 高圧洗浄機
  • ハケ

ホームセンターで容易に購入可能です。

必要な用具を取り揃えていきましょう。

 

まずは準備から始めよう

まずは準備から始めていきましょう。

前述した道具を購入し、使える段階まで準備を進めていきます。

万が一高所作業が発生する場合は業者へ足を組んでもらう必要があります。

 

高圧洗浄後に古い塗装を剥がす

準備が整ったら洗浄を行っていきます。

モップや雑巾で拭いても問題ありませんが、高圧洗浄機での対応がおすすめです。

カビやコケをより綺麗に落とし、塗料の密着性が増します。

洗浄完了後は下地処理です。

古い塗料を剥がしコーキング材で補修していきましょう。

 

3回に分けて塗装する

下地処理完了後は実際に塗装していきましょう。

塗装は計3回行います(下塗り+中上塗り)。

まずは壁と本塗料の密着性を上げるための下塗りです。

ムラなく、細かい箇所はハケを使って処理していきます。

下塗りが完了すると次は本塗りです。

本工程は中塗りと上塗りで同じ塗料を2回塗ります。

なぜなら、耐用年数を上げ、塗り残しを起こさないためです。

第三者の視点も交えつつ、均一に仕上げていきましょう。

 

外壁の剥がれを業者に依頼する際のポイント

DIYで対応できない場合は業者に頼んでしまうのがおすすめです。

次から依頼のポイントについて解説していきます。

 

複数の業者を比較して決める

業者へ依頼する際は一社に絞らず、複数社で比較検討していきましょう。

なぜなら、業者によって価格・仕上がり・サービスの質が異なるからです。

例えば価格は業者によって数十万円差が出るケースもあります。

序盤は相場が把握できないものの、比較検討するとおおよその目星がついてくるのです。

質の高い業者へ依頼する為にも、まずは複数社で比較していきましょう。

 

業者は安さだけで決めない

業者は安さだけで決めるのは危険かもしれません。

なぜなら、安さだけをウリにする業者は正当な工事が行われない可能性があるからです。

塗り回数が少なかったり、塗装面積が狭かったり。

安いのは何らかの理由があるケースも大半です。

価格の安さよりもネットに広がる実際の声や担当者の対応で決めていくと良いでしょう。

 

外壁塗装の最適なシーズンを知っておく

外壁塗装を行う際は最適な実施時期を把握しておきましょう。

一般的にベストな時期は春や秋と言われています。

実際に施工件数を見ても春や秋に集中しているのも事実です。

春や秋は一年の中でも天候が安定した時期であり、予定通りに工事が進みやすいと言えます。

さらに、工事中は基本的に窓が開けられないため、エアコンをつけなくても暮らしやすいです。

反対に夏や冬は工事を避ける方が多いと言えます。

夏は暑くて過ごしづらく、突然の夕立が起こりやすい季節です。

冬は気温が低すぎると塗装自体が行えない可能性もあります。

気温が5度を下回ると、そもそも施工ができません。

以上のように、各季節によって特徴があります。

あくまでおすすめは春や秋ですが、日程の都合を考慮して業者と相談していきましょう。

 

無料相談を利用する

業者を選ぶ際は無料相談を利用すると良いです。

直接気になる業者へ相談するのが一般的であるものの、第三者相談機関へ申し出るのもおすすめです。

例えば、国民生活センターや自治体の改装窓口へ連絡すると、評判の良い業者を紹介してくれる可能性もあります。

業者選択時は無料相談を賢く利用していきましょう。

 

外壁塗装の剥がれは自分で補修することもできる

外壁塗装の剥がれ補修は破損状況によってDIYで対応可能です。

必要道具を揃える手間があるものの、価格を抑えて自分なりにアレンジして補修できます。

一方で高所作業が発生したり複雑なつくりだったりする場合、業者へ依頼するのがおすすめです。

質の高い補修を行ってくれるため、安心感が違います。

まずは複数の業者を検討し、気になれば無料相談を行っていきましょう。

  • 気になる点をもっと詳しく聞きたいという方は、ぜひお気軽にお申し付けください。
    ご相談・現地調査・お見積もりは無料で行っております。

    現地調査・お見積り無料 お問合せはこちらから
  • また、ショールームにも様々な商品の展示がありますので、是非ともご来店をお待ちしております。
    来店予約をされ、来店時にお見積りのご依頼をされると、500円のクオカードをプレゼントします!

    WEB来店予約 お問合せはこちらから

ペイントスタジオのSNSはこちら

  • ペイントスタジオ LINE
  • ペイントスタジオ Facebook
  • ペイントスタジオ Instagram

診断やお見積りは無料です!
お気軽にどうぞ!

CONTACT

ペイントスタジオは、愛知県三河地区地域密着で外壁屋根塗装、防水改修、外装リフォームを承っております。