blog

お知らせ・お役立ちブログ

建物の寿命守る!外壁周りにある水切りについて解説

外壁塗装の豆知識

最終更新日 :

皆さん、こんにちは!

豊田市の外壁塗装専門店ペイントスタジオです。

 

皆さん、水切りというものをご存知でしょうか?見た目は地味ですがとっても重要な役割があるのです。

今回は、家の外壁周りにある水切り部分の役割や必要性について紹介します。

 

水切りとは?

水切り

こちらの写真の外壁と基礎部分の間にあるしきりの所が水切りです。建物の外側の窓枠下などにも水切りは施工されています。

ではこの水切りとは何のために取り付けられているのでしょうか?

水切りの役割

水切りの役割は雨水等が窓枠の下面をつたって壁面を汚さないようにすること。さらに室内への水の侵入を防ぐために設置されている物です。

 

水切りがないお宅は土台に水が流れ込まない構造になっているので大丈夫です。

しかし、台風などの横に雨が降ると土台に侵入してしまう恐れがあるのが心配です。

そのため水切りがある方が安心です。

 

水切りの重要性

水切りがないと水が土台に侵入し内部を腐食させシロアリなどを発生させてしまう危険性があります。建物の土台部分は白アリによる浸食や腐食する危険性が非常に高い部分だとされています。

水切りの管理方法

水切りの管理方法

水切りの塗装はした方が良いとされています。

しかし水切りの材質によっては塗装の有無の意見が分かれるところでもあるので、必ずしも塗装をした方が良い!とも言いきれないのも事実です。

例えば材質がアルミの場合は塗装をしてもすぐに剝がれてしまうことから、塗装をおすすめしていません。

逆にスチール製や鉄製の場合は塗装をすることで、錆止めや水切り自体の強化に繋がるので塗装します。

水切りの劣化がお住まいの基礎を傷めてしまうことに直結しますので、正しいメンテナンス方法でお住まいの寿命を延ばしてあげることが大切ですね。

 

まとめ

「水切りが錆びている」「傷やへこみがある」など不具合がある場合は他の箇所でも何らかの症状が出ている可能性が高いです。

ペイントスタジオでは住宅の無料診断を行っております。お気軽にお問合せ下さい。

 

関連記事

定期的な清掃で耐久性UP!高圧洗浄で外壁をキレイに保ちましょう

防水工事の基礎知識!防水工事が必要な場所と種類には何がある?

 

  • 気になる点をもっと詳しく聞きたいという方は、ぜひお気軽にお申し付けください。
    ご相談・現地調査・お見積もりは無料で行っております。

    現地調査・お見積り無料 お問合せはこちらから
  • また、ショールームにも様々な商品の展示がありますので、是非ともご来店をお待ちしております。
    来店予約をされ来店していただくと500円分のクオカードをプレゼント。
    お見積もりのご依頼をされると、さらに500円分のクオカード進呈します!

    WEB来店予約 お問合せはこちらから

ペイントスタジオのSNSはこちら

  • ペイントスタジオ LINE
  • ペイントスタジオ Instagram

診断やお見積りは無料です!
お気軽にどうぞ!

CONTACT

ペイントスタジオは、愛知県三河地区地域密着で外壁屋根塗装、防水改修、外装リフォームを承っております。