blog

お知らせ・お役立ちブログ

太陽光発電がついた屋根のリフォームをする際の注意点!

皆さん、こんにちは。

豊田市拳母町の外壁塗装・屋根塗装専門店ペイントスタジオの岩川です。

 

太陽光発電がついた屋根のリフォームをする際の注意点について気になる方もいるのではないでしょうか。

近年、太陽光発電需要は年々上昇しており、同時にリフォームを検討する方も増えています。

そのため、屋根リフォームの留意点を把握してトラブルなく施工していきましょう。

本記事では、太陽光発電がついた屋根リフォームのポイントについて具体的に解説していきます。

ぜひ参考にしてください。

太陽光発電がついた屋根もリフォームが必要

太陽光発電がついた屋根のリフォームを行うか悩む方もいるでしょう。

通常のリフォームとは異なり、費用が高いイメージもあります。

実は最終的に太陽光発電がついた屋根もリフォームが必要なのです。

詳しくはこのあと順番に見ていきましょう。

太陽光パネルの屋根下部は劣化が進んでいる

太陽光パネルの屋根下部は劣化が進んでいます。

直射日光が当たらない分、劣化スピードは太陽光パネル未設置箇所よりも遅いです。

しかし、雨が降ると乾きづらく、湿気の影響で着実に老朽化が進んでいるのも事実となります。

あわせて架台や金具の劣化により雨漏りの原因にもなります。

見えない箇所こそ見落としがちですが、太陽光パネルがあっても屋根全体で劣化が進んでいるのは念頭に置いておきましょう。

太陽光発電がついた屋根リフォームの工法は予算に応じて行おう

太陽光発電がついた屋根リフォームの工法は予算に応じて行いましょう。

詳細は後述しますが、一般的にリフォーム作業は100~250万円が相場です。(工期は1~2週間程度)

さらに、太陽光パネルの着脱は20~50万円掛かり、あらかじめ予算取りをしておく必要があります。

通常、屋根リフォームは約10~20年に1度を推奨しているため、太陽光発電設置時にリフォームも考慮しておくと良いでしょう。

また、屋根のリフォームは補助金を活用できるケースもあります。

「省エネリフォーム」の対象となり、補助金で大幅なコストカットをできる場合もあります。

利用には条件があるため、活用する際は各自治体に確認してみましょう。

太陽光パネルが屋根に及ぼす影響

屋根に太陽光パネルを設置しているとどのような影響を及ぼすのでしょうか。

ここからは太陽光パネル設置がもたらす、屋根の具体的な変化を解説していきます。

雨漏りの原因となる場合がある

太陽光パネルを設置すると雨漏りの原因となる場合があります。

屋根に太陽光パネルを設置する際、金具で固定するために穴を空けなければいけません。

穴を空ければ、必然的に空いた箇所から雨が漏れてきてしまうと認識するのが普通でしょう。

 

しかし、大半は施工業者の技術不足が原因であるのも事実。

施工段階で細かい作業の怠りや確認漏れが原因で雨漏りが発生しています。

一般的には屋根の形状や防水加工を加味した業者であれば、穴をきれいにふさいで設置してくれるのです。

また、施工メーカーによっては、施工時から穴を空けずに太陽光パネルを設置する方法も。

雨漏りの心配がなく、トラブルに巻き込まれることもありません。

コストを抑えるために安価な業者に頼む方も多いですが、複数の業者を確認して信頼できる会社を選択してきましょう。

パネル重量による屋根への負担リスク

太陽光パネルは重量による屋根への負担リスクがあります。

重さは1㎡で約13~20kgであり、現在最も一般的な「ストレート屋根」は1㎡で約20kgです。

20枚設置すると400kgほどになります。

更に設置台も含めると約500kgにまで達します。

500kgまで及ぶと耐震性に影響が出る恐れがあります。

地震の力は総重量に比例されるため、屋根に家にパネル重量が加わればリスクがさらに大きくなります。

また、重い瓦屋根の家であれば、さらに重量が加わってしまうのです。

建築年数が長い家は屋根への負担リスクをより考慮しておきましょう。

太陽光発電がついた屋根のリフォーム費用は高くなる

太陽光発電がついた屋根のリフォーム費用は、パネルを設置していない家に比べて高くなります。

具体的にはパネルの脱着・保管・金具の取り付け費用が追加費用です。

各費用について次から解説していきます。

太陽光パネルの脱着費用がかかる

太陽光発電がついた屋根のリフォームではパネルの脱着費用が掛かります。

脱着せずに施工するケースもありますが、前述のように屋根下部の劣化や綺麗に塗装できないため脱着が一般的となります。

脱着費用は約20~50万円掛かり、枚数が増えるほど上乗せされていきます。

施工業者やメーカーによって価格は大きく変わるため、必ず確認が必要です。

 

また、太陽光パネルは一度脱着するとメーカー保証が切れてしまい、万が一期間内にリフォームを行っても保証を受けられません。

パネルが破損・故障した場合、自費で修理することになります。

メーカー保証は基本的に10年であり、塗装を迎える時期とほぼ同じであるのが一般的。

10年を過ぎていれば問題ありませんが、保証期間内であれば塗装時期をずらすのも検討しておきましょう。

取り外した太陽光パネルを保管する費用がかかる

太陽光発電がついた屋根のリフォームでは、取り外したパネルを保管する費用も掛かります。

取り外したパネルはリフォーム業者で保管するのではなく、レンタル倉庫などで収納しておくのが一般的です。

(収納は太陽光パネル専用の洗剤を使用し洗浄も行った後保管します)

 

そのため、太陽光パネルを保管する費用は必須なのです。

価格は1~10万円まで幅広く、パネルの枚数や大きさに比例して値段が確定します。

さらに、天候不良で工期が伸びれば保管費用もかすむため、あらかじめリフォーム業者に確認しておきましょう。

場合によっては新しい屋根の専用架台や金具の交換取り付け費用も

太陽光発電がついた屋根のリフォームでは、新しい屋根の専用架台や金具の交換取り付け費用がかかる場合もあります。

本来太陽光パネルは屋根に専用架台や金具をつけて固定しているのが一般的です。

しかし、劣化により再利用できない場合は追加費用が発生します。

 

一般的に金具は高くて数千円であるものの、架台は3~10万円かかるケースも。

製品の種類や屋根の形状によって作業が複雑になれば、さらに料金が上乗せされます。

架台や金具の製品代だけでなく、補強費用も別途掛かるのは念頭に置いておきましょう。

まとめ

太陽光発電がついた屋根のリフォームをする際は、パネルを設置していないケースと比較して留意点があります。

まずは、屋根に太陽光パネルがついていても、リフォームが必要なのは念頭に置いておきましょう。

太陽光パネルの屋根下部は雨の染み込みや湿気の影響で着実に老朽化が進んでいるからです。

一般的に着脱費用は20~50万円、加えて保管・金具の取り付け費用が最大20万円掛かります。

しかし、施工は「省エネリフォーム」、補助金の対象となり、大幅なコストカットを実現できるかもしれません

利用には条件があるため、活用する際は各自治体に確認してみるのが良いです。

屋根のリフォームは老朽化対策もさることながら、見た目もきれいに仕上がり気分も一新します。

まずは業者と相談しながら、魅力的な屋根に仕上げていきましょう。

岩川 楓

岩川 楓

外装リフォームアドバイザー

診断やお見積りは無料です!
お気軽にどうぞ!

CONTACT

ペイントスタジオは、愛知県三河地区地域密着で外壁屋根塗装、防水改修、外装リフォームを承っております。