blog

お知らせ・お役立ちブログ

安城市の外壁塗装で剥がれが起こる原因を徹底解説

コラム

みなさん、おはようございます。

豊田市拳母町の外装リフォーム専門店

ペイントスタジオです。

 

外壁塗装を依頼したのに剥がれが起きてしまうこともります。

「業者に依頼したのになぜ?」と疑問を感じるでしょう。

外壁塗装の工事後に剥がれが起きてしまうのは原因があるため、その内容についてチェックしておきましょう。

今回は、安城市で外壁塗装の剥がれが起こる原因について紹介します。

 

安城市の外壁塗装の剥がれが起こる原因

安城市で外壁塗装の剥がれが起きてしまうことには原因があります。

どのような原因があるのかしっかり確認することで、その後の対応も変わってくるでしょう。

外壁塗装が起きてしまう原因には以下のポイントがあります。

  • 施工時の洗浄が不十分だった
  • 下塗りの工程が甘かった
  • 塗料の乾燥が甘かった
  • 気候が厳しかった
  • 経年劣化による剥がれ

それぞれ内容を徹底解説しましょう。

施工時の洗浄が不十分だった

外壁塗装の剥がれが起こる原因には、施工の際の洗浄不足があります。

外壁塗装では、塗装する前に外壁の汚れは高圧洗浄などを使用して掃除します。

洗浄しなくては外壁のコケや汚れなどによって塗料がうまく外壁に密着しないからです。

そのため、施工時の洗浄はとても大事な工程であり、この部分がうまくできないと後の工程が良くても剥がれの影響が出てきます。

しかし、施工時の洗浄は自分では確認をしにくい部分となります。

気になる場合は、外壁の汚れがひどいことなどを業者に先に伝えておき、念入りに洗浄してもらうようにするといいでしょう。

下塗りの工程が甘かった

下塗りの工程が甘いことも外壁の剥がれが起きる原因となります。

外壁は高圧洗浄などで綺麗にした後に、乾燥させて塗料を塗っていきます。

塗料は下塗り、中塗り、上塗りの3つの工程となっており、その中でも下塗りがとても大事です。

下塗りの塗料が不足していると密着不足となってしまい、塗膜の剥がれが起きてしまうからです。

そのため、下塗りの塗料が不足しているなら中塗りや上塗りをしても塗膜の強度が弱いため、2〜3年してくると剥がれてくることがあります。

下塗りの塗料は計算して行われますが、外壁の劣化が激しい場合は、予想以上に塗料を吸い込んでしまって塗料が足りなくなることもあります。

その場合は、基本以上の塗料が必要になるため、事前の調査が重要だといえます。

塗料の乾燥が甘かった

塗料の乾燥が甘いことも塗膜の剥がれが起こる原因です。

外壁塗装をするときは下塗り、中塗り、上塗りの工程をするとき1回1回塗料を乾燥させなくてはいけません。

外壁塗装で使用される塗料は水性が多く、半分以上は水でできています。

その水分を蒸発させ、残った樹脂で塗膜を形成することで塗装が完了できますが、乾燥が不足すると水分が残っているため、塗膜が上手く形成できません。

そのため、塗装の工程でどこかが乾燥不足だと不十分な塗膜なため、施工しても直ぐに剥がれてしまうことになります。

気候が厳しかった

外壁塗装は気候に影響されることもあるため注意すべきです。

外壁塗装の工程をしっかりしても、元々住んでいる地域の気候によっては、早く外壁が劣化して剥がれが起きてしまうこともあります。

例えば、雪が多く降る地域であれば外壁は常に雪の水分の影響を受けるため、劣化が早まることもあります。

また、台風の影響を受ける地域であれば、風や雨によって外壁のダメージも大きく、直ぐに剥がれが起きてしまうこともあるでしょう。

外壁は天気や気候によって劣化スピードも変わってくるため、状況によっては直ぐに問題が生じることもあります。

安城市の場合は比較的気候は安定しています。

しかし、台風や雪の影響を受ける場合もあるので、夏場や冬場は依頼する際に注意しておきましょう。

経年劣化

外壁塗装は経年劣化によって、塗膜の剥がれやひび割れなどが生じることもあります。

外壁塗装の耐用年数は大体10年ほどといわれています。

使用した塗料によっては15年ほどのものもあれば、10年ももたずに劣化が生じることもあります。

施工してから10年以上経って剥がれが生じているなら、経年劣化のため再度塗装工事を依頼するのがおすすめです。

経年劣化による剥がれは塗装を施している外壁には必ず生じる劣化症状なので、そのまま放置しておくのはよくありません。

業者に見積もりを依頼して予算や工事内容を確認して早めに施工してもらうようにしてください。

 

安城市で外壁塗装が剥がれを放置するとどうなる?

安城市で外壁塗装が剥がれてきているなら、早めに修復するのがおすすめです。

外壁塗装が剥がれてきているなら外壁が劣化している証拠でもあるため、しっかりと補修して強度を保つ必要があります。

もし、そのまま放置してしまった場合、どのような影響が生じるのか、以下の内容を紹介しましょう。

劣化が進行する

外壁塗装の進行をそのままにしておくと劣化が進行していくため、外壁の状態がより悪くなっていきます。

塗膜の剥がれをそのまま放置していると、そこから劣化が広がり強度が弱くなっていく可能性があるからです。

そのまま放置することで外壁のひび割れなども起こり、雨が降ったときに雨水が家の中に侵入して他の場所まで劣化させてしまうことも考えられます。

家の外壁で風や水を防ぐことができなくなれば、家自体が深刻な劣化につながり、住むのが難しくなることも十分ありえるでしょう。

外壁の剥がれを直ぐに修復すれば、家の強度は保つことができて他の場所が劣化することもありません。

そのため、小さな剥がれでも修復することを心がけてください。

腐食や雨漏りの可能性が出てくる

外壁の剥がれが起きている状態を放置しておくなら、腐食や雨漏りの可能性も出てきます。

外壁は雨や風の影響を受けないようにする働きがあります。

そのため、外壁が劣化すると建物が直接雨や風の影響を受けることになり、腐食する可能性が高いです。

例えば、外壁の剥がれやヒビから水が家の中に侵入して至る所で雨漏りをするかもしれません。

もし、雨漏りすればカビが発生する原因にもなりますし、天井や柱が腐食してしまうこともあります。

雨漏りは家全体に影響を及ぼし、耐震性なども弱くなる可能性があるため、安全に生活しにくくなります。

自分の生活を守るためにも外壁の劣化症状を見たなら、早めに業者に依頼して腐食を食い止めるようにしてください。

対応が遅いと修繕に多額の費用がかかる

外壁が劣化しているのに、そのまま放置して対応が遅れてしまうことになれば、修繕に多額の費用がかかる可能性もあります。

外壁が剥がれやひび割れなどで劣化していくと、上記でも紹介しましたが、雨漏りなどによって腐食が進行することになるでしょう。

もし、外壁の劣化から雨漏りが発生し腐食が進むと、柱にもカビなどが生えて脆くなってしまう可能性が高いです。

そうなると外壁塗装の修繕費だけでなく、雨漏りの修理や柱の補強など多額の費用がかかるでしょう。

外壁の剥がれのみで抑えることができれば費用はそれだけに抑えられます。

気付いたならできるだけ早く修繕するようにしましょう。

 

外壁塗装の剥がれのご相談はペイントスタジオまで

外壁塗装の剥がれが起きているなら、早めに対応することがおすすめです。

もし、業者選びに悩んでいたら、ペイントスタジオを検討してみてはいかがでしょうか。

ペイントスタジオは優秀な職人が在籍しており、施工実績も豊富にあるため外壁塗装業者として安心できます。

さらに、外壁塗装のノウハウにも長年の営業から積み重なっているため、剥がれに関しても適確に施工してくれるでしょう。

もし、安城市に住んでいて剥がれが気になるなら、ペイントスタジオにご相談ください。

  • 気になる点をもっと詳しく聞きたいという方は、ぜひお気軽にお申し付けください。
    ご相談・現地調査・お見積もりは無料で行っております。

    現地調査・お見積り無料 お問合せはこちらから
  • また、ショールームにも様々な商品の展示がありますので、是非ともご来店をお待ちしております。
    来店予約をされ来店していただくと500円分のクオカードをプレゼント。
    お見積もりのご依頼をされると、さらに500円分のクオカード進呈します!

    WEB来店予約 お問合せはこちらから

ペイントスタジオのSNSはこちら

  • ペイントスタジオ LINE
  • ペイントスタジオ Facebook
  • ペイントスタジオ Instagram

診断やお見積りは無料です!
お気軽にどうぞ!

CONTACT

ペイントスタジオは、愛知県三河地区地域密着で外壁屋根塗装、防水改修、外装リフォームを承っております。